無料でWi-Fiを使う方法は?デンマークにスマホを持っていくなら

旅行中は、お店の情報や、交通などスマホやケータイ(以下、スマホ)が使えると便利なもの。スマホで地図が見られれば、観光もスムーズですよね。ここでは、デンマークにスマホを持って行くときに注意する点と、デンマーク滞在中にインターネットに接続する方法を紹介します。

海外にスマホを持っていくリスク

海外にスマホを持って行くときは、便利さの前にまず紛失のリスクを考える必要があるでしょう。例えば、落としてしまったり、スリや置き引きにあってしまう可能性が考えられます。

一般的には「外で落とした物が自分のところに戻ってくるのは日本ぐらいだ」と言われていて、比較的治安のいいデンマークでも、落としたものはまず戻ってくることはないと考えたほうがいいです。そのかわり、海外旅行保険には入っておきましょう。

スマホ自体、買えば数万円するものですし、またスマホにはメールや電話帳をはじめ、今はパソコンと同じぐらい多くの情報が入っていいます。自分がその情報を使えなくるのが困るのはもちろん、その情報が流出してしまう恐れもあるので、日本にいるとき以上に扱いには気をつけたほうがいいです。例えば、カフェなどでうっかりテーブルの上にスマホを置いたまま、トイレに行ったりしないように気をつけましょう。

海外での対策

機内モード

そして、海外にスマホなどを持って行くときにトラブルになりやすいのが、海外でも日本の普段の通信プランのままネットに接続してしまい、多額の通信料を請求をされるケースです。これは、自分で意図して接続しなくても、インストールしてあるメールソフトやニュースアプリなどが情報を入手するために、自動でネットに接続してしまうことがあるのです。

これを防ぐためには、スマートフォンを機内モード(フライトモード)に設定しておく必要があります。この機内モードと言うのは、飛行機に乗る時に、スマホから電波を飛ばさないようにして、飛行機のシステムに影響を与えないようにするためのものです。例えば、日本の空港から飛行機に乗るときに、スマホをこの機内モードに設定しておきます。すると、デンマークから日本に帰ってくるまで、そのスマホは、3Gや、4G LTEなどを勝手に使わないのです。

携帯電話会社の海外プラン

また機内モードにせずとも、携帯電話のキャリアによっては海外での通信が比較的安くできるプランも用意されています。auは、「海外ダブル定額プラン」があり1日最大2,980円で使用することができます。Softbankでも「海外パケットし放題」があり、1日最大2,980円で使用することができます(2015年3月現在)。また、海外Wi-Fi利用ができるau Wi-Fi SPOT国際ローミングは2015年5月31日まで1日500円で使用することができます。またsoftbankでは、海外ケータイプランでケータイ自体を安く借りられるプランもあります。

Wi-Fiルーターのレンタル

またもう1つの選択肢して出発前に日本で借りられるWi-Fiルーターのレンタルというサービスもあります。Wi-Fiルーターを借りておくと、デンマーク観光中に自分のWi-Fiを持ち歩けるのでいつでもネットが使えるようになります。

自分の携帯電話会社がどんなプランを用意しているか、出発前によく確認しておきましょう。

無料Wi-Fiを使う

無料Wi-Fiが便利

さて、全くお金を使わない方法として、無料Wi-Fiを使う方法があります。実は、デンマーク旅行中にスマホを機内モードにして、Wi-Fiを使っているだけであればお金はかかりません。Wi-Fiさえつながれば、日本で使っているようにLINEやスカイプ、Facebookのメッセンジャーアプリなどを通して無料で電話ができますし、地図を調べたり、行きたいレストランの情報を調べたりするなど、観光情報を手に入れることができます。全部無料でできるなんて、随分と便利な時代になったものですね。私もよくデンマークからLINEなどで日本の友人と電話をしますが、時差さえ注意すれば、音質はクリアですし、音の遅れなどもありません。技術の発展に感謝です。

無料Wi-Fiはどこに?

このようにとても便利なWi-Fiですが、デンマークでWi-Fiを使うにはどうしたらいいのでしょうか。無料Wi-Fiを使うには、無料Wi-Fiを提供している施設を探さなければいけません。無料Wi-Fiを提供している施設には、例えば、デンマーク国鉄の駅構内や、空港、ショッピングセンター、セブンイレブン、喫茶店、ホテル、バス、電車内などがあります。

こういった無料のWi-Fiは、提供している施設やお店、機関によって条件がことなるのですが、特に何か登録をしなくても使えることが多いです。日本にもこういったサービスをしている施設はありますが、デンマークは日本より無料Wi-Fiスポットが比較的多いなという印象があります。

無料Wi-Fiの使い方

それでは、実際に無料Wi-Fiスポットに来たときに、どう使えばいいのでしょうか。デンマークの有名なコーヒーチェーンである「パレッソコーヒー(Baresso coffee)」を例に紹介します。(ちなみにこれはiphoneでの例です。)

こういったマークがあるところでは無料Wi-Fiを使うことができます。↓Enlight1 (46)

1.まず、「Safari」などウェブブラウザ(インターネットを見るアプリ)をタップするか、「設定」から「Wi-Fi」をタップして、Baressoを探します。すると、↓のような画面が出てくるので、「オンラインにする」をタップします。なぜかこの画面だけ、日本語が出るんです、笑。

2

2.そして「Cloud Free WiFi」をタップします。雲のマークが目印です。

2

3.「I accept the WLAN Terms of use(利用規約に同意します)」のチェックボックスをタップします。利用規約は「Terms Privacy & Cookies」のところです。必要な人は読んでください。

3

4.「Continue(続ける)」をタップします。

4

5.「You are now online(オンラインです!)」が出れば大丈夫。WiFiにつながっているか確認してください。

5

こんな感じで、他のスターバックスやセブンイレブンでもWi-Fiに接続することができます。ただし、それぞれ画面や接続方法が違うので、気をつけてください。

スクリーンショットを有効に使う

以上のように、無料のWi-Fiスポットに来ればWi-Fiにつなぎ、必要な情報を集めることができます。

そして、Wi-Fiスポットにいる間に、スマホの「スクリーンショット」機能を有効に使うことをおすすめします。スクリーンショットというのは、スマホに表示されている画面を写真として残すことができる機能のことです。

上に出した「Wi-Fiにつなぐステップの画像」も、バレッソコーヒーで画面をスクリーンショットしたものです。手書きのメモもいいですが、画面のすべての情報を一瞬で記録できるのが便利なところです。

スクリーンショットのしかた

iPhoneの場合ですが、画面の右上に飛び出ている電源ボタンを押しながら、画面の下にある丸いホームボタンを押すとカシャッと言う音と共に、その時に表示されている画面がスクリーンショットされます。この画面はスマホのフォトアルバムの中に自動的に保存されます。

残しておくと便利なのは、現在地から目的地への行き方や、レストランの営業時間などです。大事な情報はなんでもスクリーンショットをしておきましょう。(ただ、スマホの電池が切れる恐れもあるので、手書きのメモが一番安全かもしれませんね、笑)

無料Wi-Fiのデメリット

ただし、無料Wi-Fiのデメリットについてものべておかなければなりません。無料Wi-Fiは、とても便利ですが、まだまだどこにでもあるわけではないので、無料Wi-Fiをあてにしていると、困ることにもなりかねませんし、無料で提供している分、回線はそれほど早いわけでもありません。

それに、お店や施設ホテルごとにWi-Fiへのアクセス方法や速度は異なるため、建物が変わることに個別にセッティングをし直したり、英語やデンマーク語の指示がわかりにくかったりと、セッティングが煩わしいことがあるのも事実です。

日本にいる間に必要な情報は準備を

自分の携帯電話キャリアの海外プランを申し込む人はそれでも大丈夫ですし、出発前にレンタルのWi-Fiルーターを借りておくのも1つの手です。無料Wi-Fiだけでしのぎたい人は、日本にいるうちに、調べた情報をすべてプリントアウトをしておいたり、スクリーンショットをしてスマホに残しておくと良いでしょう。この場合は電池が切れるとアウトなので、こまめに充電をしておきましょう。

まとめ

一昔前は、ツアーの添乗員さんや、ガイドブック頼りだった海外旅行ですが、今は自分で様々な情報を手に入れられる時代になり、旅のカタチも変わってきています。デンマークの美味しいお店や観光スポットの場所など、スマホを上手に使ってデンマークの観光情報をたくさん集め、楽しい旅にしましょう。