オーデンセでアンデルセン童話のルーツを探る

『みにくいアヒルの子』、『人魚姫』、『マッチ売りの少女』…。誰もが子供の頃に一度は聞いたことがある童話ですよね。これらはデンマーク人でオーデンセ出身のハンス・クリスチャン・アンデルセンが書いたものです。アンデルセンの童話は、今でも世界中で親しまれており、オーデンセに行けば彼の美術館を訪れることができます。