北欧スタイル:ボダムのある生活

北欧生まれの雑貨や家電製品などは日本でもお好きな方が多く、根強い人気があります。
ボダムもそうした北欧・デンマークのブランドで、数々の魅力的なキッチン製品を取り扱っています。

ボダムとは

ボダムが誕生したのは1944年のデンマーク・コペンハーゲンで、ピーター・ボダムという設立者の名前からつけられています。当初は家庭用品の卸売りを行っていましたが、1950年代になるとオリジナル商品を開発するようになります。
ボダムがデンマークはもちろん、ヨーロッパで有名となったのはサイフォン式のコーヒーメーカーを発売した1958年で、現在でもこのサイフォン式コーヒーメーカー(ペボ/発売当時の名称はサントス)は販売されています。

フレンチプレス

1974年には最高の素材を使ったシンプルで美しい「ビストロ」という名前のフレンチプレス・コーヒーメーカーを世に送り出しました。発売から現在までには1億個をこえるフレンチプレスを製造している事からも、人気の高さがうかがえます。

Enlight1 (1)

現在はデンマークではなくスイスに本社を置いていますが、キッチン製品だけでなく、家庭用品やテーブルトップ、小物家電なども扱っており、世界各国で愛されるブランドとなっています。
北欧ブランドらしいシンプルなデザインでありながら機能性も高く、デザイン賞も多数受賞しています。

ダブルウォールグラス

そんなボダムの製品の一つがダブルウォールグラスです。

ダブルウォールグラスは「2層」という名前の通り、側面が二重構造をしたグラスです。
二重になっていることでグラス内の飲み物の温度を維持しやすくなっていますし、冷たいものを入れた際にも水滴が付く心配が少なくなっています。
耐熱ガラス製であることから高い耐熱性があり、またその薄さも大きな特徴と言えます。
またこうした機能面は勿論ですが、飲み物が浮いて見えるような独特の見た目も人気の理由でしょう。

その他キッチン用品

ボダムは、他にも多くの種類のキッチン用品をだしています。

Enlight1

まとめ

北欧ブランドに詳しい方の中には知っている人も多いブランドだと思いますが、まだボダムを持っていない人はぜひ実際に手に取って、その使いやすさと馴染みやすさを体験してみてください(^^)