【アロス美術館】デンマーク第二の都市にある虹の美術館

オーフスにある美術館

オーフスはデンマーク第二の都市であり、文化・芸術が盛んな街として知られています。オーフスはドイツから突き出たユラン半島の、東に位置しています。

オーフスには世界の大学ランキングで常に上位にランクインしているオーフス大学があり、学生が多く住む街です。毎年秋には街全体が音楽祭の舞台となるフェスティバルウィークがあり、あちこちで生演奏を聴くことができます。

アロス美術館はそのオーフス駅のすぐ近くにあり、その虹色の展望台が目を引きます。

アロス美術館

アロス美術館はオーフス駅から歩いて10分程の距離にある美術館です。
建物内に4つのギャラリーを備え、国内外の様々な芸術品を収蔵しています。その時期による特別展示のほか、1770年からのコレクションが展示されています。

boy (2)中でもアロスの代名詞となっているのが、オーストラリアの芸術家ロン・ミュエクの作品「BOY」です。4.5メートル、500キロのこの「少年」は、肌の質感から指の爪、血管など非常に細かいところまで作り込んであり、今にも動き出しそうです。

vscocam-photo-1 (12)オーフス美術館で、もう1つ目を引くのが屋上の虹色の回廊で、これができたのは2011年5月。私の中ではアロスと言えばこれなのですが、できたのは意外と最近だったのですね。

この虹色の展望台の中を通れば、歴史あるオーフスの街が様々な色に姿を変えていくのを見ることができますよ。

実用情報

入館料

大人110DKK  28歳未満 90DKK  学生 90DKK  団体(20人以上)1人あたり90DKK

Enlight1 (33)

休館日

月曜日

ARoS公式ページ

住所

Aros Allé 2, 8000 Aarhus

オーフスへの行き方

コペンハーゲン中央駅 ⇒ オーフス駅(Aarhus H) 電車で約3時間

>>コペンハーゲン空港からコペンハーゲン中央駅への行き方

>>直行便と経由便で、デンマークまでどのぐらい?