【ヒュゲ】世界中が気になるライフスタイルと価値観【hygge】

日本人は、忙しく働き過ぎている、ストレスも多い、休む暇がない、家族で過ごす時間が少ないと余暇があまりないイメージがあります。そんな日本人に対して、ヨーロッパなどでは、ゆっくりと過ごしたり、心地よい時間を過ごしたり、オンとオフをうまく使い分けています。

そんな中で、「ヒュゲ(hygge)」という言葉があります。ヒュゲとは、デンマーク語で心地よいというニュアンスの言葉です。落ち着くとかほっこりするという意味で使われています。

この動画では、女性レポーターが「ヒュゲとはなにか?」をデンマーク人に聞いて回り、「ヒュゲポイント」なるものをつけてもらっています、笑。ここで紹介していたのは、

・クリスチャニアバイクにのること

・おかゆを食べること

・ソファに座ってコーヒーやお茶をのむこと

・コーヒーを飲みながら洗濯が終わるのをまつこと

・ビールを飲むこと

などなど。

デンマーク人にとって、ヒュゲとは、とても大切な言葉です。家でも、家族がリビングに集まってくつろいだり、また、家族のみならず、友人たちとバーに集まって団らんしたりしています。ヒュゲの時間、空間を大切にしているのです。

家作りもそういったヒュゲリを大切にするために、広いリビング、また、大きなソファーや落ち着ける雰囲気の作りになっています。また、キッチンで女性も男性もみんなに振る舞う料理を作って、のんびりと食べて過ごしているのです。世界中の人の憧れるライフスタイルがヒュゲにはあるようです。